KIYOKAWA めっき教室

なぜめっきするの?
めっき豆知識
めっきの種類
電気めっき
化学めっき
置換めっき
めっき実験教室
めっき教室って?
実験内容
実験風景
作品集
感想文
身近にあるめっき技術
メッキレンジャー5紹介
地球きらめき防衛隊入隊試験
メッキレンジャー5 デコメ配信中!
めっき教室から考える“夢”
清川メッキ工業株式会社
日本最古のめっき冠が復元されるまで
KIYOKAWAめっき教室 KIYOKAWAめっき教室 なぜめっきするの? めっき豆知識 めっきの種類 化学めっき 置換めっき 電気めっき メッキレンジャー5紹介 地球きらめき防衛隊入隊試験 めっき教室って? 実験内容 実験風景 作品集 感想文 身近にあるめっき技術

身近にあるめっき技術

第3回  投入(2)
     『撹拌、通電性ダミーボールの説明』

はじめに、前回簡単に説明したチップ部品へのめっき方法をアッキーヨさんからもっと詳しく説明してもらいます。

まずは、バレル男爵のおなかの中に、製品、ダミーボール@ダミーボールAを入れます。

ダミーボール@は電気を通すための材料で、ダミーボールAは製品が混ざる力をアップさせるための材料だよ。

次に、めっき槽のお風呂に入ります。

お風呂の中には、メッキレンジャーがたくさん入っているんだよ。
また、めっき槽には、ニッケル、銅、スズなどいろいろな種類があるんだよ。

お風呂に入ったら、バレルを回転させてバレル内に電気を流します。

入浴中のバレル男爵の中をのぞいて見ると、製品とダミーボール@、Aが混ざっているのがわかるね。

すると、ダミーボール@、Aと製品が混ざり合いながらダミーボール@が製品に電気を運んできます。電気が流れると、めっき液内にいるメッキレンジャーが電気の流れている製品へ近寄って来るんだよ。 そして、メッキレンジャーが電気の流れている製品とくっついて、製品にめっきがされるんだよ。



今回は、このダミーボール@、Aについて説明したいと思います。


ダミーボールは、通電性(電気の流れ)を良くするボールと、攪拌(混ぜる力)をアップさせるためボールの2種類あります。

この2種類のダミーボールをカッキー君からもっと詳しく説明してもらいましょう。

1つ目のダミーボール@は、灰色をした砂のように小さい電気の流れるボールで、 電流を製品へ流すためのアシスト(補助)を行っている『アシストボール君』です。
特徴は、電気を流す事ができ、バレル内を埋めることができる体をもっていること。 仕事の内容は、チップ部品のめっきをする部分に電気を通わせる事です。

バレルの中に、アシストボール君がいないと、チップ君のいる場所が悪いと電気がもらえない部分が出てくるんだ。電気がもらえないと言うことは、めっきがされないと言うことなんだ。

バレル男爵の補足説明
※1 リード線は、絵の黒い部分は電気が流れないようになっており、先の茶色い部分から電気が流れるようになっているんだよ。

アシストボール君とチップ君が手をつなぐと、左の図のようにアシストボール君の体を通してチップ君に電気が流れるようになるんだよ。


こんな風にアシストボール君がたくさんいると、バレル内にあるチップ君全員に電気を通すことができるようになるんだよ。
こうやって、チップ君がどこにいても、みんないっしょぐらいにめっきをつけることができるんだ。


○2つ目のダミーボールAが、白色をした大きな玉ので、バレル内をミキサー(撹拌(混ぜる力)) させている『ミキサーボールちゃん』です。 特徴は、電気を流さない体をもっていること。 仕事の内容は、製品とスチールボール君や製品同士が、長い時間くっつかないようにすることです。

製品同士が長い時間くっついた状態で、メッキレンジャーとくっつくと製品が同士が離れれなくなってしまうんだ。

それを予防するのが、『ミキサーボールちゃん』。
めっき中にくっついている製品を離れさせてあげているんだよ。

また、製品をいろんな場所に移動させてあげてチップ君全員に、ほとんど同じくらいめっきがつくようにしているんだ。



△上へ

Copyright(c)2003 - 2009 KIYOKAWA Plating Industry Co.,Ltd. .All rights reserved.